ピックアップ聖地

寺町京極商店街

場所京都市中京区 寺町京極商店街

寺町京極商店街01

江戸時代には書物や数珠、文庫、筆、薬などを商う商人や、紙や三味線などの職人たちがこの道沿いに集まり住み、現代の商店街の原形ができました。
東海道五十三次の最終地点も「寺町三条」であったといいますから、京の寺町は全国にその名を馳せていたのです。
明治、大正、昭和を経て、寺町通りはいつも、古くて新しい魅力的な京の通りです。

有頂天家族をはじめさまざまなタイトルで登場する京都の中心部に位置する商店街です。

寺町京極商店街02

戻る